第41代~ 歴代会長主要目標

2010~2011年度
RI会長

Ray Klinginsmith
(アメリカ)

地域を育む、大陸をつなぐ 
BUILDING COMMUNITIES BUILDING CONTINENTS 

ガバナー
東山 昕也(高田) 「友絆」・・・地域とともに
会長

大渓 秀夫(43代)

主要目標

温故知新

 南ロータリークラブは創立43年目を迎えました  これも先人の方々の努力の賜物といえましょう 

2010-2011年度 RI会長 レイ・クリンギンスミス氏は「地域を育み、大陸をつなぐ」というRIテーマを発表され、また、2560地区東山昕也ガバナーの地区のテーマは、「友(き)絆(ずな)-地域とともに」であります。 今年度の南ロータリーの目標も『地域』という言葉にこだわり、活動して行きたいと思います。それには、創設時から培われてきた「ロータリーの原点」をよく理解することが寛容かと思われます。 また、今年度は、第四分区アシスタントガバナーを輩出することとなり、IMが開催されることになっております。会員一同、準備を怠りなくやって行くつもりであります。

クラブ運営方針

1.対内的 

① 会長経験者に月1回の割合で例会時に卓話をお願いする・・・温故知新
② 会員増強に重点を置く・・・どんなきれいな泉も、湧き水が枯れてしまえば水は淀み、いずれは消滅してしまう 
③ CLPの導入による効果の継続を図る・・・クラブ運営プロジェクト

2.対外的

① 継続的な事業の発展・・・社会奉仕活動の一環として行われたAEDの供給
② 三条市内の他の3ロータリークラブとの交流を密にしたい・・・地域の活性化

2009~2010年度
RI会長

John Kenny
(スコットランド)

ロータリーの未来は あなたの手の中に超我の奉仕    
THE FUTURE OF ROTARY  IS IN YOUR HANDS 

ガバナー
植木 康之(柏崎) 「思いやりの心で、友情を深める」― ロータリーの心と原点を大切に ―
会長
佐藤
佐藤 嘉男(42代)

主要目標

 2009-2010年度 RIジョン・ケニー会長が、マハトラ・ガンジーの”未来は私たちが現在成すことによって決まる”という言葉を引用され、ロータリーの発展は現状に甘んじているだけでは、十分とは言えない。これからの長い道程に備えて地図が必要となります。と言われています。 最近の壊滅的な経済情勢を考えると、大幅な会員増強は難しいと思われます。より効率のよい組織及び組織運営が求められています。 また、ジョン・ケニー会長は”組織全体を通じて経済性と一貫性を保つために長期計画の手順を完全に実施する”を実行するために、昨年 ガバナーを輩出し、膨大なロータリーの情報が入って来ました。それらの情報を生かし、CLPの導入によりクラブ運営の簡素化を図るためのプロジェクト。それと三条を愛し、よりよい三条を作るために、地元社会のニーズにあった南ロータリーの今後の社会奉仕を考えるプロジェクトを委員会とは別に作ります。これにより、単なる寄付団体や奉仕団体ではなく、サービスを基本とした活動を展開する団体になることができると思います。 地域のリーダーとして、三条南ロータリーの特性を出したロータリー活動を展開し、また、積極的にパブリシティ活動を行うことで、地元社会のより強いロータリークラブの認知を図りたいと思います。

クラブ運営方針

1.ロータリーの原点である、楽しく元気な例会と親睦活動
2.CLP導入による南ロータリーの長期計画の作成 
3.「女性会員」の募集も含め、会員純増 1名 
4.ロータリー財団・米山奨学・ニコニコBOXへの積極的取り組み

2008~2009年度
RI会長

Dong Kurn Lee
(李 東建)
韓国

Make Dreams Real
夢をかたちに

ガバナー
馬塲 信彦(三条南) ロータリーで人生を高めよう!
愛する地区(新潟)を元気にするために、今日こそ学び、行動しよう。
会長

吉井 正孝(41代)

クラブの力の全てを集めた果敢な『挑戦』の心と、労をねぎらう『癒し』の気持ちを例会に・・・。

 08~09年度は、三条南ロータリークラブから初めてガバナーが誕生します。併せて当クラブは、2008年6月14日、記念すべき40周年を迎えることとなりました。私は、この機会を更なるクラブ発展の好機と捉えると同時に、「50年」に向け、新しい 時代への準備を始める契機となる年と考えたいと思います。 ガバナー輩出クラブとして、これまでの活動に加え、数多くの事業が計画され、現在、着々と準備が進んでいます。しかし、どれひとつをとっても、会員全員の関わりがなければ成功を見ることはできません。これらの事業に参加される来訪ロータリーアンの全てに三条南ロータリークラブの結束を確認頂く絶好の機会と考えます。会員全員の皆様の、力 強いご理解とご協力を切にお願い致します。 数多い事業の成功を支える原動力は、会員相互の信頼と融和の気持ち・・・。 それぞれが自分の家庭に戻った時のような、くつろぎと癒しの空間づくりを、例会に反映 して行きたいと思います。

クラブ運営方針

  ガバナー輩出クラブとして、活動への全面的な協力体制の構築 2. クラブとして、限られた予算の中での資金の有効かつ効率的な執行 3. CLPの部分導入による、動きやすく効率的な組織づくりとクラブ運営の実践 4. 「女性の会員募集」も含め、10%超の会員増強 5. 社会奉仕活動を中心に、積極的なパブリシティ活動の展開 6. 例会、親睦活動が中心の、会員対象事業の発展・充実